2006年06月26日

リアビューミラー修理完了?@KS4

さて、サンバーのミラーを固定すべく、ボルトを買いにホームセンターへと出掛けた。
M8x20の皿ボルトだ。

しかし、同様の物は置いていなかった。そもそも、皿ネジだけでなく、なべ小ネジやトラスネジなども、M8サイズのものはその店では取り扱っていないようだった。普通の六角ボルトならば各種長さが揃っているのだが、それでは使えないことは以前に書いた通り。

もう少し探してみると、六角アブセットボルトとキャップボルトを見つけた。
アブセットは六角ボルトに頭にプラス溝を切った物。レンチでもドライバでも回せる。サイズはM8x25だが、少々長くても問題がないコトは確認済み。
キャップボルトは六角穴が開いていて、ヘキサゴで回すヤツ。サイズはM8x20の物があった。
コレならどちらでも使えそうだ。幸いに、色も黒っぽいメッキなので、変に目立つこともない。
純正っぽく仕上がるのはアブセットの方か? メカ的にはキャップボルトの方がカッコ良くて自己満足度が高いか? キャップボルトの頭は丸いので、ザグリ穴とのアタリはイイよな。 六角でもワッシャを噛ませば当たり面は円になるか・・・。
アレコレ考えて、結局、六角アブセットボルトを買った。

帰ってくるのを待って作業開始。
リアビューミラー固定ボルトを入れ換えるだけだ。スプリングワッシャだけを噛ませて(平ワッシャは外径が大き過ぎて入らない)締め付けて、完了。


チョット考えてみる・・・


posted by いこみゃん at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

リアビューミラー応急処置@KS4

仕事から戻ると、母がなにやら言ってくる・・・。聞くと、ルームミラーがグラグラになったらしい。
「どうせ、ミラー面のボールジョイントのところだろうな・・・」と思って確認すると、アームの付け根の部分で緩んで外れかけていた。
#3のプラスドライバで締めてみるが、手応えが無い。ねじ山がバカになって緩んでしまったのだろうか?仕方ないので、一度外すことにするが、抜け出てこない。
強引に引っ張りながら緩めると、固定ボルトの頭の部分が外れて取れた。ルームミラー取外し捻じ切ったような感触はなかったので不思議に思うと、なにやらボディ内側からビスでとめてある・・・固定用の皿ボルトは樹脂製だった。
わけが判らないので、ルームランプを取外してフレームの内側を覗くと、やはり内側からビスで締めてあった。プライヤで掴んでフレーム内に押し込んで、ランプの取り付け穴から取り出す。折れて残ったボルトは内部が四角穴になっていたので、プラスドライバで回して抜くことができた。

樹脂ボルト取り出したボルトを見て、ようやく納得。
元々、樹脂ボルトで固定してあるのだが、以前、なんらかの理由でボルトの頭が折れたようだ。ビスは、その際に新しいボルトを用意せずに、折れたボルトを再使用するための応急策だったようだ。多分、メーカーからはミラーアッセンブリでしかパーツが出ない・・・のではなかろうか?
樹脂ボルトのサイズは、M8x20の皿ボルトだ。


作業自体は簡単なのだが・・・
posted by いこみゃん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

テールレンズ交換@KS4

作業中に石と軽い接触をし、左テールランプにヒビが入ってしまった。
テールランプ交換前ヒビてしまったのは、ターンシグナルのアンバーの部分を少し。見た目には大したことはないし、使ってみて水の浸入がないようであればそのままでも構わないのだが、中古部品と交換することにした。

手に入れたのはKS系サンバー用の中古品。左側のみ一式だ。TT系サンバー用のパーツも使えるはずだが、年式が新しい分値も張るので、今回は見送った。
コネクタの樹脂部の劣化が激しく、バルブホルダがリフレクターユニットと一体になっているため、一式交換の場合はKS系用の中古品は見送った方が無難だろう。
手に入れてからバラしてみて判ったのだが、レンズのアンバーの部分とレッドの部分は別パーツになっていた。通常は一体になっているものが多いのだが。

手に入れたレンズはキレイに洗って乾かしておいた。パッキンはアーマオールを一晩浸みこませておいたが、コレは気休めだね。
テールランプ交換中ビスを抜き、車両側のレンズを外すが、内部はキレイなものであった。今までに一度もバラしたことがないのだから当然ではあるが、パッキンが正常に機能していると言うことでもある。
テールランプ交換後パッキンを入れ換え、洗ったレンズをレッド→アンバーの順に取り付け、締め過ぎないように注意しながらビスで固定して完了。
posted by いこみゃん at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

リッチテキストで編集中に・・・

書きかけてあったんですが、編集中にブチ消えてしまいました。
ブラウザは、Opera9。編集モードはリッチテキスト(ワープロ風)。
HTMLの直接編集ダイアログを出して、タグを修正し、ダイアログを閉じて編集内容を反映させたら・・・

タグ以外の部分がすべて消えてしまいましたとさ。

開き直っていろいろ試してみると、怪しいのはHTML編集ボタンだけではない模様・・・やはり、対応ブラウザではないOperaでこの機能を使うのはリスクが大き過ぎるようです。
ちなみに対応ブラウザでは、Firefoxではダイアログの一部が文字化けしたりします。IE系は編集画面を開いた途端に落ちて何もできません。ココまで酷い状態にもかかわらず、何のアナウンスもなく、何の修正も施されないと言うことは・・・

明らかに私のPC環境が異常だということです。ハイ。

・・・・・・どうしましょうかね。
posted by いこみゃん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。