2007年01月31日

HDD換装@C4/665

外付けドライブから外した250GBのHDDだが、メインドライブとして本体に搭載することにした。
スリムタワー機なので、2台も入らないので、元の30GBと交換だ。
 
パーティションをコピーして環境を移行することも可能だが、OSは未だにWin2000を使っていたので今更WinXPを導入することにした。Vistaはまだまだ様子見だし、そもそもうちの機種では荷が重過ぎる。
 
130GB越えも認識できるコトは事前に確認できていたので、さっさと交換。
今回もパーティションを切り分けて使用。とりあえず、50GBと180GB(合計で250GBにならないのは単位の表記の違い)に分割。
インストール前になぜかドライブの先頭側のパーティションからドライブレターが割振られず、インストールが始まって再起動時にドライブレターが入れ替わってしまい、少しばかりてこずった。その後、再度クリーンインストールしたが、発生せず。
 
作業的には特に書くコトは無し。
 
やはり広いドライブは使い易い。OSがまだ汚れていないからか、空き容量が増えた(以前は1GB前後)からか、今のところ動作も快適だ。


posted by いこみゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

外付HDD環境復活

認識しなくなっていた外付HDD、どこが悪いかは既にその日に調査済。

パーティション操作ツールでアクセスすると、ファイルその物は確認できませんが、HDDの使用量と空き領域は正しく認識できています。
分解し、HDDを別の物に差し換えても結果は同じ。
外したHDDをDVDドライブの代わりにIDEのセカンダリーに接続すると正常にアクセスできました。
結果、ケース内のIDE-USB変換基板が不調なだけで、内蔵HDDも内部のデータも完全に正常。
ココまでは当日判っていました。

早速、ケースを物色。
こういうのはネットオークションで探さないと出て来ないわけですが、同じことを考えている人も多いのか、どれもけっこうな競り値がついています。
ついでに、壊れたのと同じHD-U2シリーズを検索したら、認識しなくなったジャンク品がけっこうな価格で取引されています。みんな知ってるんですね・・・ドライブは生きていることを・・・ケースの価格で250GBや300GBのドライブが手に入ればお買い得ですもんね。私が欲しいのはドライブじゃなくケースなのでスルーですけれど。
結局、価格的に納得できる物がなく、ケースを探すのは断念。

IDE-USB2.0変換アダプタだけを買いました。
PT-U201K。メーカは不明。買ったのは新品ですが、製品としてはけっこう古いです。2〜3年前には既にあったはず。
3.5インチ&2.5インチのIDE機器をUSB2.0に変換する物。3.5インチと2.5インチは排他使用で同時には使えません。
IDEドライブならHDD以外にも使えるのが購入ポイント。先日外したDVD-ROMドライブをノートの外付に使ったりもできるので。まあ、5インチデバイスを収納できる変換ケースってのもあるわけだけど、安くないから。

さて、外付ケースから取り出したHDDは問題なく認識したわけですが・・・なぜかゴミ箱のデータが壊れました。しかも、ゴミ箱そのものを認識しなくなりました。
何回か再起動しているうちにゴミ箱は復活してましたが、ゴミ箱の中身は消えてました。意味不明です。
ケースが無いのでドライブは剥き出しで使いますが、必要な時だけつなげば良いし、そこらへんについては既に考えているのでまあ良し。
メーカ品の外付ドライブと違い、省電力ユーティリティなども用意されていませんので、ドライブは常に回りっ放しです。剥き出しですんで熱はこもりませんけどね。
不便なのは、ハードウェアの取り外しをしてHDDの電源を落としても、USBケーブルを抜くまでは外したことにはなっていないこと。一度、外して、再度認識させるには、電源スイッチのオフ・オンだけじゃダメで、USBケーブルの抜き差しが必要。USB2.0はPCIで増設してあるので背面にあるわけで・・・延長用のオスメスのUSBケーブルでも買うかな。

送料が一緒なので、ついでにUSB接続のメモリーカードリーダーも購入。
GREENHOUSEのGH-CRSQ10-U2のR110/ロット。よくあるマルチスロットのヤツで、10種類のメディアが使えるって言っても、実際はアダプタ経由での使用もあり、同時使用は重複しない4種類。
接続してみると、メディアの有無にかかわらず、4種類分のドライブが認識された。
コレは不便。本体のスロットの並び通りにドライブレターが割り振られないので、どのスロット(メディア)がどのドライブレターなのか直感的に掴みにくい。
この製品だけでなく、他のマルチスロットリーダも似たような物と思うので、使うメディアが限定されているのなら専用リーダの方が明らかに使い易い。
せめて、スロットが並んでいる順番にドライブレターが割り当てられればなぁ・・・。
posted by いこみゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

LabelFlash@ND-4551A化

ND-3550AをND-4551Aしたコトで、ファームによる規制が解除され、ハード本来のDVD-RAMとLabelFlashが使える状態に戻った。
ただしあくまでもハード面での話。ソフトも対応していないと使えない。

現状、B's Recorder GOLD9がインストールされているが、RAMは扱えてもLabelFlashは未対応。
nero6はソフト的には対応している筈だが、私の環境ではなぜかドライブをLabelFlash対応機と認識してくれない。
GOLD8も持っている(GOLD9に入れ換えるまではこちらを使っていた)が、製品版はRAMには対応していてもLabelFlashには未対応。
本物の4551Aに添付されているアプリもGOLD8 SecurityのOEM版だが、LabelFlashに対応した専用版。

結局、専用版を購入。
GOLD9は残して、別途インストール。
GOLD8Security本体とLabelFlash対応のLabelFOLiOが別立てでインストールできるようになっているが、先に本体を入れないとFOLiOだけでのインストールはできない。また、FOLiOもインストール後に本体だけをアンインストールすると、メディアへの焼きができなくなるので、LabelFlashのメニューがグレーアウトされる。
結局、GOLD本体とセットでないと使えないと言うことだ。

通常の焼きはGOLD9で、LabelFlashの時だけGOLD8を使い別けても良いのだが、GOLD8に一本化することにした。
OEM版は機能的に貧弱なので、製品版のGOLD8をインストールしておき、OEM版のLabelFOLiOをインストールした。
RAM用のドライバは、勝手にドライブレターを書き換えたりしてウザいので、今のところRAMを扱う予定は無いので入れないことにした。

ついでに添付のWinDVD 5もインストール。
先日までWinDVD 6を使っていたが、WinDVD 8に入れ換えたら、フリーズしまくりで使い物にならず、結局消した。ところが、6のディスクがどこに行ったか判らない状態であった。
ディスクが見付かるまでのつなぎになるだろう・・・でも、元々DVDって観ないんだよなぁ・・・グラボの関係で画面解像度の変更とか面倒だしね。

そもそも、nero6がなぜ認識してくれなかったのか不思議・・・。
他に対応してるのは、nero7やROXIO EASY MEDIA CREATOR 8あたりか・・・。

なお、LabelFlashと書いているが、専用メディアが高いのでそんな機能は使わない。
使うのは、記録面の余白に書き込む(かつてDiscT@2と呼ばれていた)機能だ。
posted by いこみゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

7MB>250GB?@HD-250U2

外付HDDが故障した。
http://buffalo.jp/products/catalog/item/h/hd-u2/index.html
ある程度は予想していたことではあるし、「今まで良くもったな・・・」と言うのが正直なところ。

購入したのは2005年の2月ごろ。
元々、この機種は熱に弱く、口コミ掲示板などでも評価は低かった。電源部の内蔵化とコンパクト設計のケースが売りだったのだが、それが熱がこもる原因となってしまっているようだった。長時間の接続や連続的なアクセスでダメになる確率が高いらしかった。
当時そのコトは知っていたので、この機種は避けてI-Oデータの製品で安い物を探していた。容量も当時の容量単価の相場の関係で160GBを予定していた。
ところが、通販ショップ系のWebをウロウロしていて、初期不良による回収品を修理した物を安価で売っているのを見付けてしまった。1台限定で送料・手数料を含めても1万円を下回る価格。
見付けたのは夜だったが、半日悩んで、翌昼休みに再度Webを確認。残っていた・・・電話して購入。

数日後、修理伝票付きで到着。修理内容は総交換。要は、ケースや電源コードなどの外から見える部分以外は新品だった。付属のUSBケーブルも新品。ケースもキズなどがあるわけでもなく、お買い得だったと思う。
運用は、必要な時だけ電源をいれ、こまめにハードウェアの取り外しをするようにしていた。とくに不安要素もなかった。いつの間にか、頻繁に取り外しをすることもなくなっていた。
そして、やってしまった・・・。

パーティションの論理FAT32→基本NTFS変換と、約7MB残っていた未使用領域へのサイズ拡張。

元々、ノート機をWin98SEで運用する関係上、250GBをFAT32でフォーマットしていた。
最近、デスクトップ機のDVD-ROMドライブの不調によりDVDマルチドライブへ換装した。コレにより、片面2層DVDを焼ける環境になったわけだが、本体内蔵のHDDは容量が少ないので、外付HDDを作業領域として使うことにした。しかし、FAT32では1ファイル4GB以下の制限があるので、DVD1層分のディスクイメージすら作れない。
ノートへの直接接続はあきらめて、ファイルシステムをNTFSに変換することにした。変換作業はすぐに終了した。ココで止めておけば良かった・・・。
FAT32のクラスタサイズでは上手く割り当てできなかった約7MBの未使用領域が、ドライブの先頭部分に残っていることを知ってしまった。NTFSならそれが使いきれる・・・パーティション全体を前方に約7MBの拡張。
後方に拡張する場合は、現状のパーティションの内容の最後に拡張分を継ぎ足すだけだが、前方への拡張の場合は違う。パーティションの内容を前方に移動し、結果として後方にスペースが生まれる。250GB全体を律儀に7MBずつ前方にずらしていくのだ。要した時間は半日以上。それもずっとアクセスしっ放しだ。

とりあえず、その時点では問題なく動作していた。
どうせならノート機に直接接続できた方が便利なので、ノート機にXPをインストールしようと試みたりもした。(別記事参照)
しかし、突然その時はやってきた・・・。
不安定と言われる機種を今まで上手く使えてたのに・・・7MBを欲張ったばかりに・・・うーん・・・。

現状の運用では250GBも要らないが、内蔵30GBだけではさすがに足りないので、使えるようにせねば。
posted by いこみゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

4551化@ND-3550A

先日中古品を入手して装着したDVDドライブ。NECのND-3550A。
未だメーカ補償期間も残っているので、そのまま使おうと思っていたが・・・。
Webをウロウロしていて、ファームの書き換えで後継機と同仕様にできることを知った。なので、ネタとしては、イマサラである。
具体的にはDVD-RAMが扱えるようになるのと、書き込み可能なDVDディスクに画像や文字を焼き付けられるようになるらしい。(ただし、対応ソフトが必要)
正直、今する必要はどこにも無かったのだが、なんかやってみたくなってしまった。


で、いつもの覚え書
posted by いこみゃん at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

違和感・・・

忘れられないのは判る・・・忘れてはいけないこととも思う。起きたこと・学んだ教訓を伝えていこうとする意思も理解できる。
私だってそれに異論は無い。

が、今やあくまでもローカルであって、既に全国区ではない。全国各地にはそれぞれの地区に於いて、より優先度の高いローカルが存在する。
自分の地域で今でも優先度が高いことが全国区で軽い扱いをされたからと、違和感を感じるのはおかしくないか?

規模は違えど他地域でも同様の事例は何件も発生している。その日と規模をどれだけ覚えているだろうか?
周りから見れば、自分だって他地域なのだ・・・。

そこを理解できないことの方が、私には違和感を感じる。
posted by いこみゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

WindowsNT5.x@270EX

覚え書

Flora270EX(HN5)に、Win2k・WinXPをインストールする。
標準OSはWin98(機種によってはWinNT4.0)。作業前はBIOSを1.20PAに差し換えて、Win98SEで運用中。
メーカサイトでのOSアップグレード情報は、XPに関しては270EX(NH6)からしかなく、NH5は対応外。NH5とNH6は大差ないと思うのだが・・・。

先ずはXP-Proをインストール。98SE起動状態から、上書きアップグレードとして処理。
インストールファイルのコピーが終わり、再起動後、起動中に停止したまま進まない。何度再起動しても同じ。起動時のメニューで元のOSに戻せる。

次はXP-Homeで同様に確認。
結果は全く同じ。

次はXP-ProをCDブートで新規インストール。
やはり、ファイルコピー後の再起動から進まない。新規インストールなので元のOSは既に消している。

XP-HomeのCDブート新規インストールも結果は同じ。

ケースからHDDを抜き出し、2.5"→3.5"変換ブラケットを介してデスクトップに接続。この状態で、XP-Proをインストール。
インストールは問題なく完了するが、HDDを元に戻すと起動中に停止してしまう。

XPでの検証はココまで。
次は2k-Proをインストール。OSは起動しないので、CDブートでインストール。
なんら問題なく完了。ドライバ類も、全てOS標準のもの。

独り言

2kとXP・・・どちらもNT5のマイナーバージョン違いだが、微妙に対応度に違いがあるようだ。
ひとつ気になるのはBIOSか。現状の1.20は最新版で98SE対応版だが、旧版だとどうなるのか気になるところ。なお、NH5とNH6では提供されているBIOSは全く別物。
ネットオークションをチェックしていると、同型機と思われる機種で対応OSにXPも記述されている物も見掛ける。どのようにインストールしているのか?書いてあるだけで検証していないのか?
posted by いこみゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。