2007年02月23日

メーラー検討

接続用プロバイダのOP25B対応で、メール環境の移行が必要となっていたのは以前に書いた通り。
送信にはWebメールを使うことで先送りになっていた。
花粉症+風邪の複合技で少しばかりダウンしてしまったので、ゴロゴロしながらいくつかのメーラーを比較検討してみた。

先ずは叩き台として、WinXPに付属のOutlookExpress。
今更、何も書くコトはないと思うが・・・。以前のバージョンのあまりの酷さにほとんど使っていなかったが、意外に使えるなって感じだ。しかし、扱い辛いメール保存形式や、無意味に登録項目が多くて使い辛いアドレス帳、追い切れないヘッダ情報など、あくまでも標準付属品のレベルでしかない。

参考にOperaに付属のメーラーも試してみた。
RSSリーダーとしては使っていたが、メーラーとして使うのは今回はじめて。
コレも意外に悪くないかと思ったが、受信メールの表示がダメダメだ。表示方法をプレーンテキストにしておいても、HTML形式のメールを受け取るとHTML形式で表示してしまう。メール内に画像が貼り付けられていれば、それも読み込んでしまう。最悪の挙動。
今回、OperaメーラーはOE以下だと判った。

ついでにMozilla Thunderbirdも試してみた。現時点でのバージョンは1.5.0.9。
http://www.mozilla-japan.org/products/thunderbird/
IEに対するOE、Operaのメール機能・・・と言うことで、Firefoxに対するThunderbirdってノリで。
コレは非常に良い感じだ。HTMLメールの解釈も3段階に簡単に切り替えて表示できるし、操作系も判り易い。もうコレでイイかなって思ったぐらい。
一つ気になったのは、たまに起動に時間がかかる時があること。それも初回起動などではなく、一度閉じた後に再び起動した時など。不思議だ。


さて・・・


posted by いこみゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

メーラー変更?

ここ数日、メールを受信できるのに送信できないようになっていた。

ウイルスチェックソフトを入れてあるので、以前であれば送信チェック中を示すダイアログが出て、送信完了となっていた。
ところが、ダイアログが出ず、メーラーが異常に重くなってしまう現象が出ていた。

てっきり、ウイルスチェッカーのワクチンに不具合があるものと思い、次回更新には修正されるであろうと楽観視していたのだが、変化なし。
試しにウイルスチェッカーとファイアーウォールを終了させて送信してみたが、それでも送れない。ウイルスチェッカーは関係ないようだ。

何かOSの設定に関係することかと思い、サブのノート機で送信してみたが、結果は同じ。

メーラーの設定を再確認すべく、メールボックスを使用しているプロバイダのサポートページを確認してみたが、間違いは無さそうだ。
私の場合、ネットに接続するプロバイダとメールボックスを利用しているプロバイダが別なので、多少設定が異なるのだが、それも問題なし。

普段はMessage Managerと言う既に開発も配布も終了したメーラーを使っているのだが、試しにOS付属のOutlook Express 6にアカウントを設定して送信してみたが、結果は同じ。


更に・・・
posted by いこみゃん at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

JIS2004対応MSフォント@Win2k

WindowsがVistaになって、フォントに手が加えられた。2004年のJIS規格になったらしい。メイリオだけでなく、今までのMSフォントも変更されているらしい。

で、XPやサーバ2003のMSフォントにも同じ変更を加えるためのパッチがMSから配布されている。
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/jp_font/jis04/default.mspx

ただし、これを実行できるのはXPや2003だけ。それ以前のOSは売りっ放しの放ったらかしだ。
で、手持ちのWin2k機のレジストリをXP風に書き直してみたが、私の知っているレベルの変更ではXPと認識してくれない。

実行ファイルはキャビネットファイルなので、解凍して、ttcファイルを直接上書きすることにした。
元のフォントを適当なフォルダに移動してから、解凍したフォントをインストールし、Win2kを再起動。
なんか、起動時のダイアログが一部文字化けしてます。
ログオン中のダイアログも一部文字化けしてる・・・。
アプリのアンインストール中のダイアログでも一部文字化け・・・。
テキストをメモ帳で開いたら、半角英数以外が文字化け・・・と思ったら、フォントの設定がSystemに変更されてました。フォントを選び直せば正常に表示。
ダイアログが化けるのもフォントの設定だろうな・・・画面のプロパティで変更できる部分ではないので、要レジストリ編集か?

まだ何かエラーが出る可能性はあるけれど、とりあえずは使えそう。
わざわざインストーラーでどんな処理をしてるのか・・・infファイルを開いてみたがよく判らず・・・まあ、万が一の時は元のフォントに戻すだけだ。
posted by いこみゃん at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

WinXP@C4/665

ドライブ換装・環境の再設定も一段落したので、ここらへんで覚書。
 
覚書:C4/665にXP導入
 
FMV DESKPOWER C4/665
CPUは1GHzに換装済
メモリは512MBに増設済
HDDは250GB(ウエスタンディジタル)に換装済
DVDはNEC ND-4551A相当に換装済
 
XPはProfessionalを導入
 
基本的にはOS標準のドライバを使用。
純正モニタ(FMVDP84X6G)はOS標準で認識する。カラープロファイルが無いが、2000用のディスプレイ装置INFファイルが利用できる。XP用は配布されていない。
増設モニタ(VL-170VS)はOS標準ドライバは無し。XP用のディスプレイ装置INFファイルが配布されている。
ディスプレイアダプタは標準(オンボード)も増設(PCI)もOS標準ドライバで認識する。ただし、増設のATI 3D RAGE IICはXPに完全対応していないので、スタンバイ機能は使えない。休止状態なら使える。
純正キーボードは当然OS標準ドライバ。ただし、ワンタッチボタン設定アプリの対応は未確認。音量アップ/ダウン/ミュート・スリープの4ボタンはOS標準ドライバで認識する。停止ボタンは数字の7として、再生/一時停止ボタンは数字の6として、巻き戻しボタンは数字の8として、早送りボタンは数字の9として、アプリケーション割付用の1〜3ボタンは数字の1〜3として、ロックボタンは数字の0として、それぞれ認識する。
 OS標準ドライバ認識での配置は以下の通り
 7 6 8 9 1 2 3 音量上げ 音量下 げミュート 0 スタンバイ
その他周辺機器のドライバはXP用を用意する。
 
なお、右Shiftキーの動作異常で片付けてあった純正キーボードだったが、今回認識確認のためにつないでみたところ、正常に機能しているようなので、また使用することにした。
posted by いこみゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。