2006年09月24日

ブレーキ引き代調整のつもりが・・・@Dio

Dio全体ブレーキレバーをいっぱいに握っても坂道で停まっていられないほど、緩くなっていたので引き代を調整した。
そんなになるまで放っておいてはいけなかったのだが、乗る時はなんらかの用事があるので、いつも後回しになってしまっていた。
シューそのものの残量もチェックするべきなのだろうが、とりあえず利かないわけではないので調整のみとした。

画像にスパナが3本も写っているあたり、普段から整備していないのが明らかだ。調整用の引きナットのスパナサイズは14mmなのだが、ロックナット(ダブルナット)があるわけでもなく、そもそもスパナがなくても手で回せた。
Dioブレーキ・エアバルブなるほど・・・ナットそのものに凹を切ってあり、半回転毎に引っ掛かるようになっていて、回り止めとなっていた。引き代の調整だけなら、自転車よりも簡単ですな。

調整して、試乗。握り代が具合よくなるまで何度か調整して完了。

ついでに、エアチェック。フロントはとくに問題なかったが、リアがスカスカだった。
キャップを外す時に気付いたが、エアバルブの付け根あたりがかなりヒビていた。とりあえず、エアを充填。しかし、エアバルブからのエア漏れは無いようだった。
タイヤをチェックすると、細い釘が一本刺さっていた。コイツが原因らしい。すぐに抜こうかと思ったが、パンク修理キットは手元に無い。
タイヤ自体も溝は多少あるもののゴムの劣化もすすんでいる。どうせなら、エアバルブも含めて新しくしたいところだ。

今のところすぐに乗る予定は無いので、釘はそのままで様子を診ることにした。
たまにエアを補充しながらタイヤが減るまでもてばいいのだが・・・そうはアマくないだろう。パンク修理キットで直すか、パンク補修剤を注入して済ませるか、この際交換するか・・・。


posted by いこみゃん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。