2006年10月14日

オイル交換@KS4

昨日に引き続きオイル交換。今日はサンバートラック。
コチラも簡単だが、キャリイよりはやや面倒か。基本的にはジャッキアップの必要は無し。ドレンプラグを緩めるには潜る必要があるが、エレメント交換はエンジンフード(リアバンパー)側からできる。

しかし今回、ドレンボルトがかたく締まっていた為、力を入れて回すだけの作業スペースを確保する為にジャッキアップすることとなった。ジャッキはエンジンマウントのパイプに掛けて、ウマをセットした。
そんなにかたく締める必要は無いのに・・・と思っていたが、シール剤が固着して、かたくなっていたようだ。ドレンボルトのサイズは14mm。
せっかくなので、オイルが抜けるまでは上げたままにしておいた。ドレンはパンの前方なので、その方が少しでも抜けるだろう。しかし、出たオイル量は約2L。サービスデータによると、規定量は3.1Lなので、かなり残っていることになるが、いつもその程度なので気にしない。銘柄が混ざるとか気にしていたら乗れないエンジンの一つだ。

ドレンを締め、ジャッキを下ろし、オイル注入。
今回もモービルエクソンの安売品だ。2Lをいつも通りジョッキに取り分けて注入。その状態でレベルゲージのほぼ中間であった。
もう少しMax寄りにしておきたいのだが、この車のレベルゲージは非常に難解。オイルの付着具合が一定せず、レベルが読取りにくいのだ。とりあえず、ジョッキに300cc取分けて、150ccだけ注入。再度レベル確認して、このへんで妥協する。
残ったオイルはカプチーノに継ぎ足しておいた。


posted by いこみゃん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。